スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
コードギアス反逆のルルーシュ 第12話 stage12 「キョウトからの使者」 感想
2007-01-11 Thu 23:58
おいおい10話、11話をすっ飛ばして12話感想かよ!っていうツッコミは拒否!
だって自分で散々ツッコんだもーん。
つか本当、更新滞りまくりです・・・こんな自分でごめんなさい。
そんなわけで12話『キョウトからの使者』、

超衝撃的でした。

ていうかさぁ、

ネタにしづらいんだよニーナ(怒)!!!

衝撃シーンの乱れ撃ちにもう立っていられない!
ちょっとそこの黒髪皇子、後ろからそっと支えてやってくれないか。そうだ!抱きしめるがごとく!!

うーん、蝶野の華々しきパピヨンデビューに負けずとも劣らない・・・。えぇ!?
落ち着け・・・落ち着いてゆっくり考えよう・・・。

今回は、放送前に私の気力・体力を奪いまくる出来事がありました。

えー私は、特にルル録画に関しては失敗したくありません。
完璧に全話録画を目指しています。
そのくせ、ブログの更新頻度を見れば分かるように、面倒臭がりな私はHDDプレーヤーの容量ギリギリまで色んな番組を撮り溜めて放置しています。するなよ
そして今話放送開始5分前に目覚ましで起床し、ルル視聴のため気合いを入れていました。ファイヤー!
そして、念のためにプレーヤーの電源を入れ、予約の確認をしたところろ。

録画不可の状態になってました。

予約はできてるけどこれじゃ撮れないよってことです。
なぜ!?うそん!!
原因判明。

容量が・・・7分(標準モード)しか残っていない・・・!

この時点で放送開始まであと2分。
早く・・・早く何か消さなければ・・・!
適当に、プロジェクトXを選んで消去ボタンを押したところ。

消去できません。

何ぃ!?
予約録画待機状態になっており、ロックのようなものがかかっている!
焦る自分のハートビーティング!
とりあえず色んなボタンを押して待機状態の解除に成功。
またプロジェクトXを選んで消去!容量ゲット!
すぐさまチャンネルを合わせ録画ボタンをPUSH!

3秒後、C.C.語りスターーート!!!

あーマジやばかった。
ごめんなさいこれからは気を付けるよ・・・。
よく考えたらDVD-RAMをパパっと入れりゃそっちに録画されたんだからそうすりゃ良かったんじゃ・・・とか気付いてしまいました。
つーか今この瞬間、書きながら気付きました。
だよねー、んでRAM→HDDに移動させりゃ良かったよねー。アハハハ
消したプロXに入ってたのは、おそらくヅカのベルばらではないかと思います。いいんだ、もう。

長くなりました。
ではいざ行かん!!


今回の作画すごく好きです。
みんなの顔がすげぇ整っている! ルルももれなく美しいです。
あと、なぜか私今回からOP変わると思ってて(根拠なく)、すげぇ身構えてたのにまだCOLORSで、ホッとしました。
公式HPでは新OP&ED見れるらしいですが、私はあえて見ません。
本編までグググと我慢です。

ナリタ事変後、ブリタニア側の会議。
NACなるグループやら、政策の話やらが交わされています。
画面に映る死亡者リストには・・・

DEAD LIST

オレンジ卿ー・・・!!

すっかり死人扱いです(´∀`)
是非、パピヨン誕生を超えるオイシイ復活を果たしていただきたい。
でもすっかり廃人となったオレンジが人体実験でもされて変なことになってたらどうしよう。ワクワク多分眼帯デビューよねっ!半ロボット化とかしてたらどうしよう。ワクワク
人格失っちゃっててルルたんへの憎しみだけで生きてたらどうしよう。ワクワク
あと、密かにちょっと好きだったQL卿はやはりご臨終・・・。南無・・・。
もうあの素晴らしい分け目の前髪が見れないなんて。我々は惜しい人を亡くしました。
神楽耶もやっとこさ喋りました。可愛い声だ。

さぁここからは恋する乙女、シャーリーDOKI★DOKIのデートのお誘い!
父から送られたコンサートのチケットを渡したいのに、学校をカレン共々休んでいるルル。
今回はそんなに妄想は炸裂していないようです。
ミレイにけしかけられたりしていると、突然私服姿のルルたん登場。
書類と一緒にチケットも持って行ってしまったルルを追いかけ、ついでに思い切って・・・

「ルル!」
「ルル!」
「はいっ」
               はいっ」

・・・

何これ。

超可愛い。

C,C,は見た
「あぁ・・・可愛いな・・・」

上からC.C.が見てました。
「・・・よせ、邪推は!・・・そんなはずないだろう! 私にとってあいつは・・・」

電波キタ!?

アヤしいにーちゃん

ってお前誰だー!!
そのゴーグルは通信機器?今までのC.C.のひとり言の相手はこの小粋なニィチャンでしょうか。

ルルをデートに誘えて嬉し恥ずかしのシャーリー。
「ありがとうお父さん!」
そしてかかってくる一本の電話・・・。


その後、黒の騎士団。

いつ見ても

それにしても、いつ見ても笑える光景だと思う私がいます。
だってよぅ、足組みポーズでキメてる仮面男が普通に座ってるカラフルなアジトなんだぜ。

学校でのシャーリーのことを何なんだ一体、と考えていたゼロの中の人。
扇の「ラブレターだ」という冗談に、
「はぁ? お前・・・」
とか答えちゃう君が可愛い。何て続けようとしたんですか。
それに関して、
コイツよばわり
「ぎゃははは!コイツに冗談は通じねえって!!」

・・・
お前、今「コイツ」と言ったな? 天下のゼロ様をコイツよばわりしたな?
ていうか笑いすぎなんだよ、お前。
ルルたんを笑っていいのはなぁ、ルルーシュ教信者の我々だけなんだよ。
ちなみに教祖はこの方だ。東目堂様。私はこの方以上に面白いブログを知りません。勝手に宣伝。
で、よって玉城は

死 亡 決 定 です。

騎士団の予算は使い込んでキャバクラに行くし(そうなの!?)、どうもこの男はいかんです。
ですが、ゼロに関しては騎士団内でまだ不満がくすぶっているようで・・・。
こんな結束力じゃ心配です。いざという時ルルを守れないんじゃないのかと。

「カレン。君も私の素顔が知りたいか?」
とゼロに聞かれ、あの人(C.C.)は知ってるのかと聞きそうになるも、結局「いえ、失礼します」と立ち去るカレン。

うわぉカレンの複雑な女心がかいま見えます。
シャワーシーンまで披露したってのに、どうも最近C.C.が高ポイント稼いでるもんで悔しいわけです。えぇ!?
ゼロを巡る、カレンとC.C.の女の戦いが見られる日も近そうだ。


帰宅したルルーシュ。
ナナリーの熱は下がっていました。
「何だか・・・最近、お兄様が少し遠くなったような・・・。そんな気がして・・・」
どうも最近ルルーシュに女の匂いがするため、自分が優先順位1位であることを兄に思い出させる作戦に出たナナリー。こんな台詞にグッと来ない兄はいまい!!
嘘です。ナナリーはそんな打算的な子じゃない・・・!!この子はこのアニメの清涼剤・・・ネタでもこんな風に汚しちゃダメなんだ!!そんな自分に天誅っ、トーン!!

「誓うよ。オレは変わらない。何があろうと、いつまでもお前のそばにいるよ、ナナリー」
妹愛を改めてアピールする兄・ルルーシュ。ナナリーの作戦勝ちです。
うわぁ、最後の「ナナリー」の部分だけ自分の名前に脳内変換してみ?
ベッドでルルたんに手ぇ握られて言われてるって想像してみ?
世の女子の鼻という鼻から鮮血ほとばしること確実です。
相変わらず妹ラブなルルーシュ兄ちゃん。
自分を巡る女のラブバトルが近づいていることなどすね毛ほども気付いていません。
しかしなぁ・・・不安な台詞じゃあるなぁ。
ルルたんの身に何か起こって、『お兄様・・・ずっとそばにいると約束したじゃありませんか・・・!』的な状況を想像・・・。ギャー
〈Aパート終了〉

CMでアリプロ流れたー!

〈Bパート〉
今回のルルーシュは口説き文句が冴えてます。
口説くルルたん

「必要だ。C.C.お前が!」

「C.C.」の部分だけ自分の名前に脳内変換してみ?
あの美しい顔でそんなこと熱く囁かれてみ?
もう世の女子(以下略)

しかしあのバッグに変身グッズが入ってると思うと・・・。
忘れ物だと言ってC.C.が取り出したのはコンサートのチケット。
断ろうと思っていたルルの元にシャーリーからの電話。
「俺だ」って出たよ!何て偉そう!!
絶対行くから、という言葉に、断りを言い出せなかったルル。
そしてシャーリーはナリタ行きの列車へ・・・。


ナリタではブリタニア軍によって遺体の回収作業が続行中。
スザクも参加。
「忘れろ。データには残っちゃいないんだ」
この辺でカッコよさげに頭から水をかぶったりしてますが、そんな技私には通用しません。
それにしてもよっぽどなことをした様子。父殺し?
スザクは黒の騎士団への怒りを新たにしています。
それにしてもロイドさんの台詞はイイですなぁ。
そして通り過ぎたのは、ヴィレッタに案内されたシャーリー・・・。

ロイド達もお仕事中。輻射波動が使われたことを確認。
「まさか敵に協力するなんてね・・・。あのラクシャータが」
ラクシャータ姐さん

姐さん・・・!!
なんかすごいインパクトあるよラクシャータさん。インド系?
ロイドの言い方からすると、ブリタニア側の人間のようですが・・・。

ゼロ達は、キョウトの人間に連れられて富士鉱山へ。キョウトの影響力の強さを再確認します。
現れたキョウトの代表者は御簾越し。そして
「わしは見極めねばならん。おぬしが何者なのかを!その素顔、見せてもらうぞ!」
ナイトメアで脅迫されるゼロ。
カレンが庇おうとしますが、扇に仮面を外させようとします。
「すまないゼロ・・・でも俺も信じたいんだ、お前を。だから・・・」
仮面に手を掛ける扇・・・!!
えっ、外すの、もうバレちゃうの!?

はっ
「はっ」

呼ばれて飛び出て
「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン。
 こんちは、C.C.ですが何か?」


仮面の中は、誰もが予想できたようにC.C.でした。
予想できてなかった私は素でびっくりしました。
くそっ、何度だまされれば気が済むんだ私。バカ、バカ・・・!

素性が知られていると分かると、男達は銃を構えます。
「待ってくれ!オレは関係ねえからよぉ!」 
・・・
玉城・・・!
お前はどこまでヘタレなんだ!!いくら知らんかったとはいえ。

そうだゼロは?ゼロはどこ行った?

フハハハハハ!!

「だ~から、あなた方は勝てないのだ!!」

どこからどう見ても悪役の登場です。この偉そうな態度がたまらない。
ここでこのキョウトの代表の素性がルルの言葉で明らかに。

「桐原タイゾウ・・・サクラダイト採掘業務を一手に担う桐原産業の創設者にして枢木政権の陰の立役者・・・。
しかし敗戦後は身を翻し、植民地支配の積極的協力者となり、通称『売国奴の桐原』・・・。
しかしその実態は、全国のレジスタンスを束ねるキョウト六家の重鎮。面従腹背か・・・安いな・・・!フッフッフ・・・。あなたがお察しの通りだ。私は、日本人ではない!」

そして・・・
素顔公開
「お久しぶりです。桐原候」

過去の映像も出ましたよ。枢木神社です。
神社1
神社2

ウホッ 妹を守る気満々の子ルルの愛らしいこと!!
神楽耶の姿も見えます。

実は接点があった二人。
桐原は情報の隠蔽や拠点探しの協力を約束します。

桐原
「行くか・・・修羅の道を!」

キマった・・・

「それが、我が運命ならば!」

カカカカカッコい・・・ブホッ
なんだこのキメ顔はよ・・・! 美しすぎて胃酸が口からほとばしりそうです。吐いてんじゃん
この顔が待ち受けになればいいなと思ってたけど違った・・・。


ナリタ。
収容されていたのは、シャーリーの父親でした。
スペルを確認しようとしたヴィレッタが目にしたのは、挟まれていたルルーシュの写真・・・。
デキる女ですから。

うわ。こりゃもうバレるのは時間の問題す。


時間に遅れて、シャーリーとの待ち合わせ場所に向かったルルーシュ。
さすがにもういないはず・・・と思いきや、雨に打たれ濡れそぼる彼女の姿が。

シャーリー

「ねぇルル・・・・ゼロって弱い者の味方なんだよね?

なら、なんで私のお父さん・・・殺したんだろう」


え

言葉を失うルルーシュ。
決してシャーリーの胸の谷間に息を呑んでいたからではありません。

「お父さん、優しくて・・・私ぶたれたこともなくて・・・。何にも悪いこと・・・
 なのに、埋められて・・・息、苦しか・・・。
 どうして!?何でお父さん、私の・・・こんな・・・嫌よ!!

 お願い、ルル・・・助けて・・・!

抱きついたー!

抱きついたー!!

ちゅー


キスしたーーー!!!


‐‐‐続く‐‐‐


何てこったい!
これは意外!ルルたん争奪レースに、もはや戦力外かと思われていたシャーリーが突如躍り出ました!!
もはやカレンもC.C.も及ばぬぶっちぎりの1位です。

なーんて茶化してますがこりゃ重いよ・・・。
ルルがちゅーしちゃって嘆き悲しんでるんじゃないかと思う方もいるかもですが、そうは思いませんよー。
むしろ美しいシーンであったと。

ただねー、このまま二人が付き合うことになったとしてもねー、正体知った時のシャーリーの悲しみと衝撃を考えると・・・。
もしや正体知らないうちにシャーリー死なせたりしてー。そんな馬鹿なハハハ

そして気になるのが予告。『シャーリーと銃口』
「ああ・・・分かっている。行動の結果ぐらい!
ああ・・・分かっていた、なのに何故!?
ステージから消えるのは簡単だ、ゼロという存在を捨てればいい。
桐原さえ封じれば俺はルルーシュ・ランペルージに帰ることができる。
だが・・・しかし・・・」


ルルたんがー! 流血しているー!!
ゼロの姿?
題名から想像するに、シャーリーがやったのでしょうか。
おいおいやっぱり黒の騎士団はリーダーを守れないのか?
あっもしかしてシャーリーがゼロ撃って、んでゼロ=ルルと知って、シャーリー自殺・・・とかすごい想像しちゃったよ!

ともかく、ルルーシュの葛藤が描かれるはず。
自分の行動の結果傷付いた人を現実に目にすることによって、ルルーシュの中で何が変わり、何が変わらないのか。

次回が楽しみナリー!


・・・何さっさとスルーして終わらせようとしてるんだって?
何のことデスカー。
なんてな!

ニーナのアレですけど、あれはやりすぎじゃないんですかねぇ・・・。
ニーナのユフィへの想いというのが、単なる憧れではない、それこそ性愛の対象と考えるほど深いものだというのを言いたいわけですよねぇ。
でもだからってねぇ・・・。
せめて恍惚として自分の胸かき抱くくらいでよかったんじゃ。
もしくは、写真に口付けるとか、写真を胸に抱きしめながらうっとりと名前をつぶやかせるとか。こんぐらいじゃダメな理由があるんだろうか・・・。
ユフィとくっついたスザクを刺しでもするのか。じゃあいいや。

こうなるとニーナという名前にすら作為を感じます。おい
別に不快とか言うんじゃないですけど、なんかこう気まずいんですよ。
誰に対してなのかは分からないですが。
あんまりこのアニメに露骨な性描写はいらなかった気が・・・。
う、しかし教祖様は鼻で笑っていらっしゃるから私もそれにならいますよ!!

「ニーナ?ふっ、あんなんがなんぼのもんじゃ!」

あ、もひとつ気になること。
次回、冒頭でいきなり事後シーンとかだったらどうしよう。
なんかありえそう。見たいのか、見たくないのか、どっちなのか自分でももう分からんぜよ!!
スポンサーサイト
別窓 コードギアス 反逆のルルたん コメント:0 トラックバック:1 top↑
<<コードギアス反逆のルルーシュ 第13話 stage13 「シャーリーと銃口」 感想 なまずっこのへろへろ部屋 どうも>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
Asuka (アスカ) 2007年 02月号 [雑誌]日本解放戦線の壊滅・・・しかし、その代償は大きくブリタニア軍も先の戦いで、多くの損害を被ることになったのです。また、黒の騎士団の存在も無視できず、日本解放戦線を援助していたと思われるキョウトにも手を出せない・・・コー... …
top↑
 なまずっこのへろへろ部屋 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。