スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
コバルト文庫『恋のドレスと硝子のドールハウス』青木祐子 感想
2007-04-22 Sun 22:47
恋のドレスと硝子のドールハウス 恋のドレスと硝子のドールハウス
青木 祐子 (2007/03)
集英社

この商品の詳細を見る

終始シャーロックにキュンキュンさせられた巻でした。
この歳になってキュンキュンとか言うのどうかなとも思わんでもないですが、私のそんな些細な葛藤など他人にはどうでもいいことですね。
それにしてもシャーロックは巻を増すごとにイイ男になってるような。
前巻で銃を撃った挿絵に、「うっわ今撃たれた。私の心が!とかイタい心の呟きを漏らしたことは記憶に新しいです。
いやーだって1巻とかはまだまだだったと思うんですが、最近はマジでカッコ良いっすよ・・・。
挿絵も段々カッコ良くなって・・・。色気がたまらんよジュルル
今巻の人物紹介のシャーロックなんて特に!
そうそう、この人物紹介のとこ最初見てなくて、デイヴィットの挿絵が出たとき「えぇ!?なんかイメージ違う!」と思ってびっくりしました。もう慣れましたが。

シャーロックへの思いを自覚してしまったクリスが可愛い。
クリスへの思いをどうしたらいいのか悩んでちょっとうだうだして、でも実際のとこ好きでしょうがなくて色々行動しちゃうシャーロックはもっと可愛い。(管理者目線)
んもーっクリス一緒にご飯行ってやっちゃってー!
ローストビーフ食べたげてー!
ボートン・ヴィレッジの屋敷の庭での二人の会話はもーキュンキュンキュンキュンでしたよ!
あぁぁあとちょっとでシャーロックが思いを口にしそうだったのにぃ。
邪魔したエドにはお仕置きねっ。
でもその後怒ってたシャーロックはおかしかったよ。
二人の恋路はどうなってしまうのやら。結婚・・・は無理か・・・。
もう囲われ者でもいいじゃん!一緒にいられるなら!!でもクリスにはそういうの無理かなぁ。
どっかの金髪伯爵と妖精博士がトントンと進展しているだけに、こっちの二人はやきもきしちゃうよ。
シャーロックが色んなしがらみを忘れてクリスへの思いに素直に行動してくれたらいいなぁ。
『俺はクリスを―抱きたいわけではない―。』とかも書いてあったけど、いやいやこっち方面も攻めて頂きたいなと思ってますから!
せめてキスくらいはしてもらわなきゃぁ。
思わずクリスに迫ってしまうシャーロック(でも手は出せない)を見たいよー。

アイリスはとりあえず退場したものの闇のドレスの影はまだ色濃く・・・といった感じで、気になるとこで終わってたので続きが待たれます。
あと、前々から思ってたんですが、クリスがもっと美人に描いてあると嬉しいです。
恋してるんだし、ぜひもっと可愛く、美人にお願いします!!

なんかシャーロックにハァハァなことしか書いてない感想でごめんなさい。あー続き読みたい。
スポンサーサイト
別窓 読書感想 コメント:0 トラックバック:0 top↑
<<一応生きてます・・・ なまずっこのへろへろ部屋 ただ今>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
 なまずっこのへろへろ部屋 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。