スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
パイレーツ・オブ・カリビアン2感想~なまず人民代表として~
2006-08-03 Thu 23:18
いやーまた遠ざかってましたよ。たまってた分長いです。
LaLa感想の続きもとっちらかしたまま次の記事を書くというこの身の雑さ加減よ。
まさに私の生き様です。

ハイ。先日パイレーツ2を観に行ったわけです。
まぁとりあえず前作鑑賞は必須ということと、エンディングクレジットは最後までみんしゃいということは申し上げておくだす。

ほんで、タイトルのなまず人民代表として言わねばならないということは、全然大したことではないんですがそのまんま字幕の『ナマズ』のこと・・・。
1から出てる元亡霊・現人間のコンビ2人が、脱獄に成功して犬を連れて岸に向かってボート漕いでるシーンがありました。

・犬が突然ボートから降り泳ぎ出す。
・コンビのうち1人が、『ナマズでもいたんじゃないのか?(確かこんな字幕)』と笑う。

しかーし!ここはナマズをただナマズと書いたんでは伝わらんのです。
ナマズは英語でcatfishと言うのです。catです。猫です。
ちなみに私は猫が大好きです。
我が家にも15,6歳になる老シャム猫がいます。
飼い主馬鹿で言ってることは百も承知ですが、本当に可愛いです。美猫です。
とても老婆には見えません。
名前はキューちゃんです。
どうですかこのネーミングセンス。イカすでしょう。

ハイ。ここはナマズと猫をひっかけて、犬が猫を追いかける、というありがちな場面を想定したジョークなわけです。『猫でもいたから追っかけたんだろ』的な。
ルビでcatfishとでも書いてくれれば。。
そのシーンを観て戸田奈津子にナマズをないがしろにされたことを悲しく思ったのは劇場できっとオンリーミー。
なまず人民として言いたいことは以上です。が、続きあります。
恋愛面に注目した感想書いてみました。

※以下もろネタバレあり注意!!&駄文の長文(妄想風味)
<警告>まじで暇な人だけ見るように!

あっでもこんな辺境ブログを訪れているあなたは既に暇人です。

ではどうぞ。
パイレーツ・オブ・カリビアン2感想~なまず人民代表として~の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 top↑
映画『日本沈没』感想
2006-07-21 Fri 01:28
えっと、水曜に「日本沈没」観てきました。
見る価値はアリと言ってよかろう。
ツッコミどころはいっぱいあるんですが、なんだかんだ言ってもああいう映画はスクリーンで観ればやっぱり面白いもんです。
えーなんか以下もしかしたらネタバレと感じる人もいるかもしれんので(そういうつもりはなかとですが)、絶対NGな人は見ないでねん。








なまずっこ的には
①草なぎと柴崎には最初から最後までなじめなかった。(もともとどっちもあんま好きじゃないし、演技が・・・。)
②むしろトヨエツとかの方が存在感ありありだったからそっちメインでよかったんじゃねーのか。
③なんか危機感が伝わらんなぁ。
④そこは頑張らなきゃダメだよ○○!
⑤ていうかこうなっちゃうの!?
⑥ハ○ウッドくさい・・・。

などなどなまずっこ的難点はあったものの、やっぱり根が純情なアタシは、
「ハイここ感動シーンですよ!!さぁ泣くがいい!!!」
というところではまんまと引っかかってじわーときたもんです。(だってねぇ、歌がねぇ・・・ここぞとばかりに流れるあの歌が良いんですわ。)


CGも、素人の私が見る分にはまぁまぁの出来(偉そう・・・)でした。
観た後にも、いろいろ考えさせられてしまう映画っす。(もし国土を失ってしまったら「日本人」という存在はどうなってしまうのか。たとえ世界中に散らばって生き延びたとしても、もう母国は地球上にないわけで。日本人=「日本民族」ではあっても「日本国民」とはもう呼べないわけでしょ。もう「日本」という国は地図上にないわけですから。さぁ今日からこの土地を「日本」にしていいですよ!と言って土地を分けてくれる酔狂な国はないし、あってもそこは「日本」ではない。)
あれ?なんか私語っちゃってる??
まぁ、いずれにせよ面白い映画だと思うのでぜひ映画館で観てみてくだされよ。制作費20億円の大作ですし。
でもさ、ハリウッドの一流スターはたった1作の映画で、日本映画の大作作れちゃうほどの出演料もらってるんだね・・・。なんかもう未知の世界だわ・・・。
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 top↑
デスノート(映画) 感想 ~DEATH NOTE~
2006-06-17 Sat 14:25
6/15(木)、「デスノート」の試写会に行ってきました。
いやこれがなかなかでした。
映画化されると知り、先日まとめてコミックスを8巻まで借りました。
読む前はあんまり期待してなかったんですが、読んだらこれが非常に面白い!!
息をつかせぬ展開で、すごくよくストーリーが練られています。

それでは試写会の様子を。
来てる人はやはりほとんど若者。人気の高さがうかがえます。
横の方に座ってた小学生くらいの兄妹が、デスノートのルールを確認しあってるのがなんだか面白かったです

では内容どうぞ!(以下ネタバレ)
デスノート(映画) 感想 ~DEATH NOTE~の続きを読む
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 top↑
 なまずっこのへろへろ部屋 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。